女性ホルモンの減少により、産後2ヶ月から1年位の間は抜け毛が多い時期だと言われています。ホルモンバランスが整えば抜け毛は減ってくると言われてますが、産後2年経っても抜け毛が止まらない場合は不安になるのも当然です。産後2年経っても抜け毛が止まらないときの対処法は3つあります。

 

【1】病院へ行く

産後の抜け毛の最大の原因はホルモンバランスの乱れにあります。女性ホルモンは髪の発育、成長に関係し、産後は女性ホルモンが減少することで抜け毛が増えやすくなります。また、授乳している場合は女性ホルモンの分泌が抑制されるので、授乳量の減少や卒乳するまではホルモンバランスが整わず、抜け毛の量が減らない場合があります。ですが、産後の影響だけでホルモンバランスが乱れているとは限らず、更年期やストレスなど他の要因が重なっている場合も十分に考えられます。ですから、産後2年を過ぎても抜け毛が収まらないときは、産婦人科や皮膚科などに相談するようにしましょう。

 

【2】生活習慣の見直し

産後の抜け毛を減らすためにも、ホルモンバランスを整えることが大切になります。ホルモンバランスの乱れは日常生活と深く関係しています。睡眠不足や無理なダイエットは、女性ホルモンの分泌量を低下させるために抜け毛を招きます。また、睡眠不足は頭皮の血行不良を招き、髪が栄養不足となり抜け毛が増えると言われます。睡眠不足になると抜け毛の大敵であるストレスも溜まりやすくなるので、しっかり睡眠は取りたいものです。

 

食生活もホルモンバランスを整えるためには大事な要素です。育児で忙しい時期ですが、できるだけ規則正しく3食の食事を摂るようにしましょう。髪やホルモンの材料となるタンパク質、女性ホルモンと似た働きのある納豆や豆腐などの大豆製品に含まれるイソフラボン、マグロ、カツオなどに含まれるビタミンB6、ナッツ類に含まれるビタミンEはホルモンバランスを整えるのに効果的です。上手に取り入れてバランスのよい食生活を心がけましょう。

 

運動することでも血流がよくなり、髪に必要な栄養が運ばれて抜け毛予防に役立ちます。ストレス解消も兼ねて散歩などの運動を取り入れてみましょう。

 

【3】頭皮ケア

忙しいと疎かになりがちな頭皮ケアも大切です。毎日行う頭皮ケアを見直すと頭皮環境が整えられ抜け毛予防になる場合があります。髪を濡らす前には頭皮の血行を促進して、髪表面の汚れを落とすべくブラッシングします。髪は1分以上かけて十分に濡らし、アミノ酸系などの低刺激シャンプーで頭皮を中心に指の腹で洗い、すすぎ残しがないように3分程すすぎましょう。トリートメントする場合は頭皮に付着しないように毛先を中心につけて、すすぎも万全に行います。タオルドライの際はゴシゴシせずに水分を吸い取るように優しく行い、ドライヤーで頭皮を中心に乾かします。

 

乾燥後、刺激の少ない育毛剤を使って保湿を兼ねてマッサージすると血行もよくなり、乾燥予防になるので抜け毛予防に効果的です。
紫外線は頭皮に大敵なので、外出時は髪と頭皮のために帽子や日傘、髪や顔用の日焼け止めなどで紫外線対策を行うことも有効です。

 

産後2年経っても抜け毛が減らない場合は、まずは医師に相談して不安を取り除くところから始めましょう。そして、あきらめないことも肝心です。生活習慣を見直して正しい頭皮ケアを心がけて、じっくりと抜け毛対策に取り組んで髪を取り戻しましょう。