産後の抜け毛ってホント止まるの?女性ホルモン低下って何なの?

 

産後の抜け毛は7割のママが体験することです。最近ではこの割合もどんどん高まってるようです。この原因は、ストレスや食生活から大幅に増えたと言われています。産後のママは、女性ホルモンが急激に減っていますが一体どう対処したらいいのでしょうか?

 

女性ホルモンの低下ってどういうこと?

妊婦中は、女性ホルモンの元となるエストロゲンが分泌し、急激に上昇しました。これは胎児が成長するにつれてどんどん増加していきます。

 

女性ホルモンが増加するということは、女性らしさが最大値にあがっていくことですね。しかし産後、この女性ホルモンも急低下します。このギャップが女性のホルモンバランスを崩すことになり抜け毛へと変化していきます。

 

 

産後の抜け毛の原因は「栄養不足」

栄養不足を回避するなら?

産後の抜け毛が多いのも食習慣が大きく影響を及ぼしています。育児は24時間行わないといけないので、急激な生活環境の変化は、悩みやストレスが増え、さらに精神的なストレスから「産後うつ病」と診断されることも少なくありません。そういった場合、過度に自分の好きな食べ物を食べがちになり、さらに体内サイクルが崩れてしまうことになります。誰かに助けてほしい!と頼れる旦那も、非協力的という言葉は昔からあること。最近では、苦労したくない男性が増えているので、産後こそ男性の本性が見えてくる人も多いことでしょう。

 

ママにとって育児は、かなり大変なもの。周りは「育児は大変」と軽く言われるかもしれませんが、自分の限界は自分にしかわかりません。なので無理をせず限界を感じたら友達や実母に助けを求めることが大切です。

 

内と外からの栄養補給

女性ホルモンを増加させる栄養素といえば、イソフラボンはご存知ですよね?

 

そもそもイソフラボンは大豆や豆腐、豆乳に多く含まれています。これらは、体内からイソフラボンを取れるので即効性がありおすすめです。

 

 

なんで外からの栄養補給も必要なのか?

イソフラボンは大豆で摂れることはわかった。外の栄養補給も必要みたいだけど、どういうこと?と疑問に思われるかたも多いと思います。産後、急激に落ちた女性ホルモンは、頭皮の肌荒れや乾燥を起こす原因となります。この現象は、赤ちゃんに授乳をすることにより、髪の毛に必要な栄養素が頭皮に回らないからです。植物と同じですね。良い肥料を内から与えても、外から良い栄養を与えてあげないと良い植物に育ちません。

 

 

では、どのようにして栄養補給を行うのでしょうか?

それは、化粧水で肌にみずみずしい栄養を与えるように、頭皮にも不足しているミネラルを産後ママ向けの育毛剤で栄養補給することです。


 

 

1991年にアメリカで行われた臨床実験

この臨床実験は、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校で行われたものです。3グループに分けて実験を行いました。Aグループは産後何もしないで生活を続けたグループ。Bグループは、イソフラボンの食事を多めに摂ったグループ。Cグループは、イソフラボンと頭皮にミネラルの栄養補給を内と外から行ったグループ。すると各グループにより髪の太さ違うことがわかりました。


 

同時に、産後の女性の髪は細くなり抜け毛として一気に抜けるという事実も分かりました。7割の産後ママが抜け毛を経験すると言われているので、普段から頭皮ケアをするかしないかで5年後の若さに開きがでるので、ケアをしておきたいですね。


 

 

産後ママ用の育毛剤は、頭皮が糖化する前に始めよう!


出産前から事前にしておきたいですが、遅いというものはありません。産後の抜け毛自体は、1年もすれば少しづつ改善されていくからです。ただし、産後、頭皮は硬くなり血管細胞が細くなり血流もわるくなります。俗にいう糖化とう現象なのですが、この糖化は放っておけば頭皮が硬くなっていくしかありません。最近は、女性の薄毛の相談が急激に増えているので、さらに薄毛に悩む人が増えていくことでしょう。

 

 

「毛母細胞」の栄養不足はそれだけ、毛根にダメージを与えてしまうのです。一度活発に分泌しなくなった毛母細胞は元に戻るのに最低5年はかかるといわれています。そのため、普段から不足しがちな頭皮に潤いと保湿成分の栄養を頭皮にあたえることが大切です。

 

 

産後ママの育毛剤を選ぶポイントは?

 

天然由来であること

天然由来と育毛剤と化学由来の育毛剤では、頭皮に与える影響が天と地の差ほど違います。化学由来の育毛剤の場合、頭皮が体にほとんど浸透しません。これは私たちの皮膚が化学成分を取り込むことを拒否するからです。天然由来の育毛剤は、天然成分だからできるナノ化によって、浸透と吸収を促進してくれます。

 

しっかり肌に受けいれてくれないと、育毛剤を使っていても意味がないですよね?

 

GMP基準をクリアしているもの

基本の食品の製造基準は甘い!という言葉はご存知だと思います。
よくテレビで食品の問題がニュースで報道されているのも、独自基準の検査しかないからです。
育毛剤も同じで、国が決めた基準というものがありません。それだと化学成分の育毛剤なのに天然成分と
表記されている。という洒落にならない話しもある程です。GMPはアメリカの国が決めた検査基準です。

 

 

ミネラルがたくさん入っていること

上でも書きましたが、栄養素を内と外。2つから摂ることはとても大切です。
内からミネラルを取り入れるだけでも、何もしないより髪の毛を太くする効果はありますが、
外からも栄養を与えることにより、相乗効果でさらに髪の毛を太くする働きがあります。

 

出産の後、髪の毛が薄くなっている!と気が付いたときはショックですよね。それでなくても赤ちゃんのお世話で夜も昼もないような忙しい日々を送っているのに、止まらなかったらもう大変!どうしたらいいかわからない、と途方に暮れる気持ちになると思います。抜け毛が止まらないときの心構えとは?産後の抜け毛の原因はホルモンの変化によるものです。妊娠中は増えていた女性ホルモンが、産後は急激に減少します。

 

女性ホルモンは髪を抜けにくくする働きがあるため、産後にホルモンが減るとそれまで抜けていなかった髪がごっそり抜けるのです。これは当たり前のことなので、個人差にもよりますが6か月から遅くても1年たつまでには回復します。あまり深く悩まないようにするのがベストです。全てが抜け落ちるわけではないですしそんな事例は今までないからです。抜け毛が止まらないときの最終手段は?それでも放っておくのは心配、少しでも抜け毛対策をしたいと思うなら育毛剤がとても効果的です。

 

育毛剤って男性がつけるものでしょ?と思う方もいるかもしれませんが、女性専用の育毛剤もありますよ。産後の抜け毛対策の育毛剤もあるくらいなんです。ほかにできる抜け毛を止める対策は?睡眠はできるだけしっかりとることや、ストレスをためないことに注意しましょう。赤ちゃんの世話で無理をしがちだと思いますが、お母さんの体力をしっかり回復させることが大切です。そして育児のしんどさを一人で抱え込まないで、旦那様やご実家など頼れる人には頼って、ストレスをためないようにしましょう。

 

また髪の毛は食べ物が作りますので、栄養バランスのとれた食事を摂ることが大切です。タンパク質、ビタミンや、カルシウム、亜鉛などを摂るように心がけます。どうしても抜け毛で薄くなった部分が気になるときは、ヘアバンドやカチューシャなどをうまく使ったり、髪型を工夫して乗り切りましょう。なじみの美容師さんに相談すれば、いい髪型を教えてくれると思います。レウィッグはどう?ウィッグという方法もありますが、試用期間が短いので費用が無駄になることが考えられます。なんとかごまかせるのであれば、髪が回復するまでの間だけですので、ウィッグに使うお金を育毛剤に回すという方法もあります。若いうちから置くもう剤を使ってケアしておくと、更年期を迎えるころになっても髪で悩まなくてもいいようになるかもしれません。

更新履歴